忍者ブログ
平凡?な日常を、ひたすら緩く綴るブログ / モンスターハンター3の、日記もあるよ!             
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[08/10 ぼる]
[08/07 nameress]
[05/22 どっかの管理人]
[05/18 マスオ]
[05/18 澱切]
最新記事
(02/08)
(02/03)
(01/15)
(11/18)
(05/15)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
マスヲ&ソルジャー
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
野球だな 
自己紹介:
コメントくださいな~

目指せ2000!!

そして、春からは芝商生&高専生
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
カウンター

ezカウンター

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

               エンドレス・アドベンチャー ~7体の龍神~
                       第四話:決着

エヴィンが目を覚ますとそこには青空が広がっていた。。。
どうやら、木に引っかかったらしい。
ところどころで、記憶がぼんやりしている・・・。

エヴィン「俺・・・どうして・・・?」

体を少し動かしたら、木の上から落ちてしまった。。。
どうやら、風龍の一撃はみねうちだったらしい。
それでも、体はズキズキする・・・。

エヴィン「あいつは・・・どうへ行ったんだ・・・?」

風龍「やっと目が覚めたか」

その言葉に、エヴィンは驚いて風龍から離れる。

エヴィン「俺を、どうしたいんだよ!
      中途半端な攻撃をして!答えろ!」

それを聞いて、風龍はあの剣をもう一度握った。

風龍「その答えは、戦いの先にしかない。
     恐怖を捨てろ!そして覚悟しろ!」

その言葉の後に、空から無数の剣が降り注いできた!
一本一本違う形をした剣は森のあちこちに刺さった。

風龍「どれでも、好きな剣を使え」

エヴィンは無言で近くにあった剣をつかんで走り出した!

エヴィン「第二ラウンドのはじまりだ!」


剣同士がぶつかって火花を散らす。今回も、圧倒的に風龍が優勢だった。
エヴィンは叫びながら剣を振り回す。

風龍「戦いの最中に声を出すとは、余裕だな」

エヴィン「うるせぇ!」

風龍「恐怖を捨てろといったはずだ!
    何を恐れている!」

エヴィン「うるせぇ!」

風龍「恐れているのは死か!?
     それとも、友を失うことか!?」

その言葉で、エヴィンは攻撃をやめて剣を地面に落とした・・・。
金属音がムダに高く聞こえる。。。

エヴィン「俺に、どうしろって言うんだよ!
       俺は、どうしたらいいんだよ!」

風龍は、静かに語りかける。

風龍「強い心を持て。。。恐怖にも屈しない強い心を。。。
    その心が、お前の矛となり盾となる。。。」

エヴィン「強い・・・心・・・」

エヴィンの目が変わった。風龍は微笑む。
時が止まったように長く感じた。
いろんなものが見える・・・空気の流れ、草木の音、大地の呼吸。
全てが、自分にエネルギーをくれるようだった。

エヴィン「てめぇを、倒す!」

エヴィンは、一番大きな剣を掴んだ!

エヴィン「あぁぁぁぁぁ!」

そして、エヴィンの剣と風龍の剣がぶつかる。。。
その威力はまるで・・・

嵐が来たようだった。。。




拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77]

Copyright c マスオさんとソルジャーのブログ。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By 深黒 / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]